ファイエルターク・フレグランス・アカデミー

ファイエルターク・フレグランス・アカデミー > 香りのソムリエとは

HOME Refined tastes Refined tastes creative business 香水コラム連載 調香師AIKOブログ 当講座について 取材記事 過去の香水講座
エジプト大使館での講演
香水について スクール概要
facebookで共有する  twitterで共有する 

 
「香りのソムリエ」 とは、当スクールでは香りを創り、アドバイスする人をさします。
エジプトで香料・調香の基礎から本格的に学び、日本人として初めてエジプトで修了書を取得し、香料の買い付け、製造・販売まで行っております。

なぜ、エジプトへこだわるのか?
「香水=フランスではないのですか?」とよく質問を受けます。
香水の歴史というのは約100年と言われているのに対し、エジプトは5000年以上も前から「香り」の文化がありました。 かの有名なツタンカーメンやクレオパトラも香油を体に塗っていたと言われており、ツタンカーメンのお墓から香油の壷が発見されています。
香りの元である香料や歴史を勉強をしているうちに、香料のルーツがエジプトであると知り、エジプトの調香師の下で勉強し、今日に至ります。 まだまだ日本は、香水の文化が浅いのが現状です。つけ方はもちろんの事、日本の方に合う「優しくて自然な香り」をお届していきたいと思っております。

香りのソムリエ Aiko