ファイエルターク・フレグランス・アカデミー

ファイエルターク・フレグランス・アカデミー > 香水用語集

HOME Refined tastes Refined tastes creative business 香水コラム連載 調香師AIKOブログ 当講座について 取材記事 過去の香水講座
エジプト大使館での講演
香水について 学校概要
facebookで共有する  twitterで共有する 

【ア行】
アコード(Accord)
香りの調和。複数香料のバランス具合。アコードが取れた香水でないと名香とは言えない。しかし、アコードかどうかは個人の印象なので公的な基準値は存在しない。
圧搾法(expression)
主に柑橘系の果皮にある精油を溜める油房があり、傷を付けたり圧搾し精油を作る方法。
アブソリュート(Abusolute)
石油エーテルやベンゼンなどの溶剤を使用して抽出し、抽出溶液より溶媒を留去した物質(コンクリート)をエチルアルコールで精油を抽出し、アルコールを留去したもの。
アニマルノート(Animal Note)
ムスク、シベット、アンバーなどの動物性香料を使った香り。フレグランスに使用する場合オリエンタル系に多く含まれる。
現在は、動物保護を考え天然香料はほとんど使われることはない。
アロマテラピー(Aromatherapy)
香りによる生理反応を利用して、心身の健康を保たせたり病気を治療するなどの芳香療法。
アンバー(Amber)

アランビック(Alambic)
蒸留器。アラビアで開発されアルコールが発見され製造された機器。十字軍遠征でヨーロッパに知れ渡る。やがて世界に食品革命を起こす元となる。
アルデハイド(Aldehyde)
強いな香気を持つ合成香料。これを用いた代表的な香水が「シャネルNo.5」。
アンフルラージュ(Enfleurage)
精製した無臭の牛脂や豚脂などを用いて香気吸着する方法。
イミテーション(Imitation)
市販の香水に似せて創作する行為。またはその商品のこと。
インテンシティ(Intensity)
香りの強さや濃度。
インフュージョン(Infusion)
エチルアルコールなどの溶剤。
ウッディノート(Woody Note)
木の香料を使用した香り。白檀、シダーウッド、ベチパー、パチュリなど。
エッセンシャルオイル(Essential Oil)
精油。植物の花びら、葉、茎、根、果実から抽出した揮発性の高い芳香成分の油。
オットー(Otto)
水蒸気蒸留法抽出によるローズオイル。

【カ行】
ガスクロマトグラフィー(Gas Chromatographe)
香料成分を分析手法のひとつ。
グリーンノート(Green Note)
葉や緑草など思わせる爽やかで落ち着きのある香り。
グルマンノート
ピーチやラズベリーなどの甘い食べ物系香調
コフレ
フランス語で香水瓶をさします。日本では、香水や化粧品などを小さめのバッグに入れたセット商品をさします。
合成香料
天然香料の成分を分析し、同じ構造の化合物を、別の原料を使って人工的にして作る香料。
香料
化粧品、香水、食品などに芳香をつけるための物質。天然香料と合成香料がある。

【サ行】
シェーマ(Scheme)
図式化された処方。
シェルフテスト(Shelf Test)
香りの安定
シトラスノート(Citrus Note)
オレンジ、ライム、レモン、グレープフルーツなど柑橘系の果皮を思わせる爽やかな香り。
シプレーノート(Chypr Note)
樫の木の苔(オークモス)を主成分にして、フローラルや柑橘系を加えた香り。
シングルフローラル(Single Floral)
一種類の花の香り。
シベット(Civet)
麝香猫から取れる動物性香料。主にオリエンタル系の香水に用いられる。
水蒸気蒸留法 steam distillation
原料を蒸留釜に詰め水蒸気を吹き込み蒸留する方法、または窯の底に水を張り水に浸からないよう原料を仕込んで加熱し、抽出する方法。
精油(Essential Oil)
蒸留法または圧搾法によって得られた天然香料を精油という。

【タ行】
調香(Melonge)
数種類の香料を混合して香りを制作すること。
調香師(Perfumer)
香料を調香し、香りをつくり出す職業。パヒューマー。
天然香料
自然界に存在する植物などを使用して採取された香料。
動物性香料
動物の生殖分泌液などから採取される香料。ムスク、シベット、アンバーグリス、カストリウム。
トップノート(Top Note)
香水をつけてから最初の10分くらいまでの香り。揮発性の高い香料が用いられ、香水の第一印象を与える。

【ナ行】
ニューケミカル(New Chemical)
合成香料のうち自然界に存在しない化合物。
ネ(Nez)
「ne」とは、フランスの最高と称されるパフューマーが与えられる称号です。
フランスには政府の制度として 「le nez(ル・ネ)=鼻」とは、英国爵位 制度「サー」の称号の様なもので、香水界で最高の権威を持ちます。
ノート(Note)
香調。香りの調子、ニュアンスのこと。元々は音楽用語で「音符」の意味。 音符がいくつも集まりハーモニーを奏でることから、それを香りに転用して 使用されるようになった。

【ハ行】
パフューマー
英語で「調香師」の意味。フランスでは超1流の調香師を「ネ」(鼻)と呼ぶ。 数多くの香料の中から適したものを選択し、1つの芸術作品にして香水を生み出す。
パウダリー(Powdery)
粉っぽく、甘くて乾いた香り。
ハーモニー(Harmony)
香りの調和やバランス。
バルサム(balsam)
植物性香料のひとつ。木や植物から分泌される、松やにのような芳香性の樹脂。
ピペット(Pipette)
香料を作る際に香料を測ったり別の容器に移し替えたりするのに用いる化学実験器具のひとつ。
フェイク
希少価値が高く、高価で入手しにくい天然香料の代わりに、それによく似た 合成香料を入れて代用すること。または、その代用として使用する香料のこと。
賦香率(ふこうりつ)
香水(フレグランス)をつくる際に、アルコールに溶かした香料の割り合い。
フローラルノート(Fioral Note)
バラやジャスミンなど花をイメージさせる香調。
フローラルブーケ(Fioral Bouquet)
2種類以上の花の香料を組み合わせた香調。
フローラルフルーティ(Fioral Fruity)
花の香料とフルーツの香料を合わせた香調。
フルライン
濃度を変えた香水(パルファン、オード・トワレなど)のラインの他に、ボディークリームなどの展開を見せるもの。
フォーミュラ(Fomula)
調香師用語のひとつで香料の配合比率。それが記載されたものが処方箋。
フロリエンタル(Floriental)
オリエンタルとフローラルを合わせ造語。

【マ行~】
マセラシオン
油脂を60~70度に加熱し、花を浸し香気を吸着する方法。
マリンノート
様々な海の香りを表現したノート。ユニセックス的な使い方ができる。
ミドルノート(Middle Note)
香水のトップノートの次にくる香り。つけて3~4時間くらいまでの香水の中心となる香り。
ムスク(Musk)
麝香鹿またはその他近縁動物の、オスの麝香香腺分泌物を乾燥したもの。
ムエット(Mouillette)
賦香紙(ふこうし)。調香や精油を確かめるために使われる短冊状の芳香試験紙のこと。
溶剤抽出法
石油エーテルやベンゼンなどの溶剤を使用して抽出し、抽出溶液より溶媒を留去した物質(コンクリート)をエチルアルコールで精油を抽出し、アルコールを留去したもの。
ラストノート(Last Note)
香水の最後に残る香り。残り香となる持続性の高い香料の香り。